元会社員だった僕の脱サラ人生激変プロジェクト〜HaraWara blog~

会社員だった僕が脱サラをして、人生を変えるための奮闘ブログです。

脱サラして民泊をするのはオススメ?Airbnbで儲かるか?

f:id:ketchupsino:20190404214728p:plain

 

こんにちは、HaraWraです。

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

民泊ビジネスをしよう!という人も

増えてきています。

 

外国人観光客が増えてきている今、

地域によっては、ホテル不足で

民泊が人気があります。

 

僕も民泊をしていた経験があります。

 

ここでは、脱サラして民泊はオススメなのか?

Airbnbは儲かるのか?

というのことについて書いていきたいと思います。

 

脱サラして民泊ビジネスはオススメ?

 

民泊ビジネスというのはとても魅力的

ですよね。

 

僕は4年前にAirbnbのセミナーに行き、

それから民泊を始めました。

 

その頃はまだ、法律も大丈夫だったので

僕のような個人でも特に届出を出さずに

民泊をすることができました。

 

僕がしていた時は

毎月の売り上げは1部屋あたり60万円。

経費は35万円。

利益は25万円。

 

経費は、家賃、光熱費、掃除用具、

ゲストへのプレゼントなど。

 

2部屋していたので、50万円ほどの利益が

ありました。

 

Airbnbを始めたのも早く、ホストとしての

評価も高かったので、ほとんど満室でした。

 

なので、とてもいいビジネスですよね!

 

ただ、法律が変わったことで、

1年間の半分しかレンタルができない

ようになり、また、申請をしないと

できなくなったので僕はやめてしまいました。

 

今、民泊は、ほとんどのマンションで

禁止されています。

 

なので、自分の持ち家やマンションで

する人が多いようです。

 

なので、もし民泊をするとなれば

自分のマンションを買うか

持ち家を貸すか?しかないですよね。

 

 不動産投資の一つとして民泊をする人も

いるようで、今も稼げるビジネスとして

注目されています。

 

僕がしていた頃に比べると、1泊の値段も

高くなっています。

なので、もし、民泊の許可物件を持っている

という人はオススメのビジネスです。

 

外国人観光客が民泊を選ぶ理由とは?

 

日本人では、Airbnbよりもホテルと選ぶ傾向に

ありますが、なぜ、外国人観光客には民泊も

人気があります。

 

その理由としては、ホテルというのは

部屋が狭かったり、二人以上では泊まるのが

厳しかったりしますよね。

 

団体や家族連れがAirbnbを選ぶ傾向に

あります。

 

また、長期で旅行をする人などは

ホテルではゆっくりできないと

民泊を選ぶそうです。

 

民泊はこれからでも始めるべきなのか?

 

僕の友人からこの前相談を受けたのですが

これからでも民泊をするかどうか?

ということです。

 

民泊は、物件さえあれば、

稼げるものだと思います。

 

ただ、その許可物件を賃貸できれば

の話です。

 

これから自分で物件を購入したりすると

マイナスになってしまうのでは?と

感じます。

 

地域にもよるのかもしれませんが、

日本では、民泊は180日以内と

決められています。

 

なので、1年間に180日間稼ぐことが

できても、残りの日数は、民泊で

貸し出すことができません。

 

なので、180日間で1年間分を稼がなければ

いけませんよね。

 

残りは、賃貸で貸せばいいのでは?

という意見もありますが、

そんな都合のいい入居者というのは

なかなか見つからないものです。

 

なので、個人的には、これから民泊を

始めるのは、難しいのかな?とも感じます。

 

僕がオススメのビジネスは、

もし、自動で収入を得る仕組みを

作るのであれば、FX自動売買ツールです。

 

運用資金は必要になりますが、

僕が使っているFX自動売買ツールは

月利30%くらいで運用ができています。

 

運用資金が多ければ多いほど、

大きく稼ぐことができるので可能性は

とても高いですよね。

 

いろんな稼ぎ方があるので、人それぞれ

だとは思いますが、

個人的には、自動売買ツールはオススメです!

 

⇒[10名限定]月利35%の運用実績!FX自動売買ツールの無料モニターを再募集します!

 

何か質問などがありましたら、

LINE@にご連絡頂ければ、返答致します。

f:id:ketchupsino:20190207225015p:plain

ご覧いただきありがとうございました。