元会社員だった僕の脱サラ人生激変プロジェクト〜HaraWara blog~

会社員だった僕が脱サラをして、人生を変えるための奮闘ブログです。

脱サラして飲食店をする時には資格が必要?取得場所を紹介!

f:id:ketchupsino:20190402010728p:plain

こんにちは、HaraWaraです。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

脱サラしたい!という人で、飲食店を

開くのが夢だった、という人も多いと

思います。

 

料理が好きだったり、人と接するのが

好きだから、飲食をやりたいという人も

多いです。

 

ここでは、脱サラして飲食店をする時に

必要な資格などについて紹介をします。

 

脱サラして飲食店を開きたい時に必要な資格は?

 

脱サラして、飲食店を開いたら、資格が

必要だった!ということにならないように

飲食店を開業するのであれば、事前に

準備しておきたいですよね。

 

ここでは、飲食店を開業する際に

必要な資格について書いていきたいと思います。

 

①食品衛生責任者

 

これは必須の資格になります。

 

必ず各店舗に1名配置する必要があります。

営業許可を取るために必要になるので必須です。

 

難しいのではないか?と心配になりますが、

一日の講習を終えて、自治体に申請をすると

取得が可能です。

費用は1万円ほど。

 

調理師や栄養士の資格を持っている方は、

講習を受講せずに取得が可能です。

 

②防火管理者

 

店舗の収容人数が30人以上の場合に取得が

必要になります。

 

これは、消防法に基づく国家資格で、

消防署などで講習を受けることで

取得が可能になります。

 

防火に関する知識・技能を持ち、

火災時に責任を持たなければいけません。

 

脱サラして飲食店を開くのに調理師免許は必要ない

 

飲食店を開くのであれば

調理師免許が必要だと考える人も

多いようですが、調理師免許は

必須ではありません。

 

もしあれば、信頼度は高くなるのかも

しれませんが、あまり表示している

お店はないので、なくても問題ない

のではないでしょうか。

 

脱サラして飲食店をする時に必要な申請書とは

 

飲食店を始める時には、いくつかの

申請が必要になります。

 

ここでは、申請に関することについて

紹介していきます。

 

<必須>

 

①食品営業許可申請

 

店舗完成の10〜14日ほど前に

保健所に申請をしましょう。

 

②防火対象物使用開始届出書

 

建物の使用開始7日前までに申請が

必要です。

 

③火を使用する設備等の設置書

 

厨房設備、給湯器、温風暖房機など

の設置前に届け出が必要です。

 

<従業員を雇う場合>

 

①労災保険の加入手続き

 

②雇用保険の加入手続き

 

<深夜に営業する場合>

 

①深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

 

午前0時を過ぎて酒類を提供する場合は

申請が必要です。

 

営業開始10日前までに、警察署に

届け出ましょう。

 

脱サラして起業する時には、しっかりと調べましょう

 

ここでは、飲食店に関する申請や資格など

について紹介をしました。

 

実際に始める!という時には、

いろんなところで話を聞いて

しっかりと調べてから

抜けのないようにしましょう。

 

資格や申請というのはとても手間です。

 

僕も面倒なことが嫌いなので

面倒に感じてしまうのですが

きちんとしなければいけません。

 

申請に漏れがあれば、営業できない

ということになってしまいます。

 

だから、多少面倒に感じても

きちんとしましょう。

 

飲食店というのは、廃業率も高い

業種です。

 

立地や客層などのリサーチを

しっかりとした上で、

うまく経営できるように計画を

立てていきたいですね。

 

僕もそうなのですが、

リスク管理として、いくつかの

ビジネスをすることがオススメです。

 

やっぱり一つのビジネスでは

不安定な時はとてもきついです。

 

僕は、転売の他にアフィリエイト、

投資をしています。

 

投資は運用資金は必要になりますが

自動売買であれば、

自分の時間を使わずにできるので

おすすめです。

 

興味がある方は、実績を見てください。

 

⇒[10名限定]月利35%の運用実績!FX自動売買ツールの無料モニターを再募集します!

 

何か質問などがありましたら、

LINE@にご連絡頂ければ、返答致します。

f:id:ketchupsino:20190207225015p:plain

ご覧いただきありがとうございました。