元会社員だった僕の脱サラ人生激変プロジェクト〜HaraWara blog~

会社員だった僕が脱サラをして、人生を変えるための奮闘ブログです。

脱サラしたら健康保険はどうなる?社会保険と国民健康保険の違いとは?

f:id:ketchupsino:20190130233042p:plain

 

こんにちは、HaraWawaです。

 

ブログをご覧いただき、

ありがとうございます。

 

僕もそうだったのですが、

会社員の時は、税金も年金も保険料も

会社の給料から引かれた状態で

振り込まれるので、

いくら払っているのか、どういう仕組み

なのか?というのを気にしたことも

ありませんでした。

 

脱サラしたら、健康保険の手続きや

年金の手続き、税金の支払いなど

自分で全てをしないといけません。

 

ここでは、脱サラした後の手続きや

社会保険と国民健康保険の違いについて

紹介をしたいと思います。

 

社会保険と国民健康保険の違いとは?

 

まず、社会保険について。

 

社会保険は、会社に勤務する正社員や

正社員の3/4の時間以上を勤務する人が

加入することができます。

 

会社が、社会保険組合または、

協会けんぽに加入していることが

前提となります。

 

親族を扶養にすることができ、

何人扶養しても保険料は変わりません。

 

それに対して、国民健康保険。

 

国民健康保険は、自営業やアルバイト、

無職の人が加入する健康保険に

なります。

 

扶養している家族の数によって

保険料は変わります。

 

社会保険も国民健康保険も

それぞれによって保険料の計算方法

は違います。

 

ただ大きな違いが一つ。

 

社会保険の場合、会社が保険料の

半分を払うので、自己負担は半分のみ。

 

国民健康保険の場合は、自分で全額を

負担しないといけません。

 

なので、国民健康保険の方が

支払い金額は高いです。

 

アルバイトや契約社員で、

社会保険の有無を重要視している人が

多いのはこのためですね。

 

ただ、個人事業主では、社会保険に

入ることはできません。

 

脱サラ後に手続きをすると

国民健康保険の保険料の支払いや

税金の支払いなど、一気に支払う

ものが出てきます。

 

そのためにも、脱サラ時には

お金を貯めておくことが

大事になりますね。

 

脱サラした後の手続きは?

 

まず、会社を辞めるときには、

社会保険の手続きをします。

 

これは、会社がしてくれることなので

自分ですることはほどんどありません。

 

退職の手続きをするときに、今まで

使っていた社会保険の保険証は

返却します。

 

そして、退職後。

 

退職して、14日以内に国民健康保険の

手続きをします。

資格喪失確認通知書の写し、

または資格喪失証明が必要になるので

会社に貰っておきましょう。

 

このときに、税金についても一緒に

手続きがされます。

 

税金は、前年の所得を元に計算されます。

 

なので、会社員の時の前年度の給与が

今の所得として判断されるので、

脱サラ1年目は税金がとても高いと

感じるでしょう。

 

なので、

それを見越して、脱サラ資金を

貯めていく費用があります。

 

僕は、脱サラには賛成です。

 

僕が実際に脱サラをして、

会社員時代より楽しく、充実した

毎日が過ごすことができていると

感じるからです。

 

ただ、脱サラをする前には、

先に生活できるだけのお金を稼げる

ようになってから、

脱サラすることをおすすめします。

 

会社員時代では、なかなか副業を

するのは難しいと思います。

 

だから僕は、投資である程度のお金が

入る仕組みを持っておく、

というのが一番いいのではないかと

感じます。

 

僕が脱サラしたときには、メジャーで

はなかったので、

僕も知らなかったのですが

投資も自動で運用ができる時代です。

 

EAというFXの自動売買ですが、

FX初心者はもちろん、

リスク分配としてトレーダーも

使っている人が多いと聞きます。

 

僕が運用しているものについては、

実績を載せていますので、

興味がある方は、見てみてください。

 

⇒[10名限定]月利35%の運用実績!FX自動売買ツールの無料モニターを再募集します!

 

何か質問などがありましたら、

LINE@にご連絡頂ければ、返答致します。

f:id:ketchupsino:20190207225015p:plain 

ご覧いただきありがとうございました。