元会社員だった僕の脱サラ人生激変プロジェクト〜HaraWara blog~

会社員だった僕が脱サラをして、人生を変えるための奮闘ブログです。

脱サラしたら、確定申告は青色申告がオススメ!白色申告との違いは?

f:id:ketchupsino:20190112054015p:plain

 

こんにちは、HaraWaraです。

 

確定申告の時期が近づいてきました。

昨日はちょうど、月に1度、税理士が

来る日だったのですが、

年末調整など、この時期になると

バタバタしてしまいます。

 

脱サラすると、自分で確定申告を

しなければいけないのですが、

申告にも種類があります。

 

個人事業主として届け出ている

場合は、青色申告をするのですが、

一般の白色申告とはどう違うのか?

とわからない人も多いかと思います。

 

僕は、脱サラしてすぐに

開業届を提出したので、

青色申告しかしたことがない

のですが、脱サラして事業をしているので

あれば、絶対に青色申告がオススメです。

 

ここでは、脱サラして確定申告するとき

の注意点や、青色申告と白色申告の違い

について紹介していきたいと思います。

 

白色申告とは?

白色申告とは、特別な申請をしていない人の

確定申告の方法です。

 

白色申告には、簡単な帳簿でいいという

メリットがあります。

 

ただ、自分で事業をしていて、

ある程度の収入がある人で白色申告を

している人はほとんどいません。

 

それは、白色申告よりも青色申告の

方がメリットが大きいからです。

 

青色申告をする際は、白色申告よりも

細かい帳簿が必要になります。

 

ただ、それでも青色申告にする方が

メリットが大きいので、脱サラした

人のほとんどは、青色申告です。

 

<青色申告のメリット>

 

①青色申告控除がある(65万円)

②マイナスになってしまったときに、繰り越しができる

③専従者への給与を経費にできる

 

①の青色申告控除は大きなメリットです。

 

白色申告と比べたときに、

65万円分の所得に税金がかからなく

なるからです。

 

その人の収入によって、税率が変わるので、

いくら違うのか?というのは人それぞれですが

届け出をしている、というだけで、

控除がつくので、青色申告の方がお得だと

感じます。

 

②の繰越ができる、というのは、

例えば、脱サラ1年目は、ー100万円の

赤字だったとします。

そしてもし、2年目にプラス100万円

だったとき、1年目の赤字の繰越ができるので

利益はプラスマイナス0になるということです。

 

白色申告の場合は、繰越ができないので

1年目が赤字でも2年目にプラス100万円

稼いだら、100万円に対して税金を

支払わなければいけません。

 

事業をする上で、税金は結構痛い出費です。

 

会社員の時には、給与から自動的に

引かれているので、税金を払っている!

という自覚はあまりありませんでした。

 

でも、脱サラして、自分で支払いを

しないといけなくなった時、

税金ってこんなに高い!と驚きます。

 

個人事業主の場合は、国民健康保険

ですが、この保険料も結構な金額に

なります。

 

なので、たかが65万円控除、と

思うかもしれませんが、

少しでも税金を抑えられるのであれば

抑えたいと僕は思います。

 

ただ、青色申告では、白色申告に

比べると、細かい帳簿が必要です。

 

もちろん、自分で帳簿をつけて、

書類を出して、確定申告を

している人もいます。

 

ただ、僕の場合ですが、税理士を

つけた方が絶対に確実です。

 

税理士さんに言われて初めて知った

書類などもありました。

 

意外と、税務署などでは教えて

くれません。

 

税理士にお願いすると、それなりに

お金がかかります。

 

年間にすると30万円以上に

なるかもしれません。

 

でも、確定申告でミスって、

あとでそれが発覚して余計なお金を

支払うよりも、しっかりとしていた

方がリスクは少ないです。

 

脱サラして最初の確定申告では

戸惑うことも多いと思います。

 

その時は、申告する前に税務署に

相談に行ってみるのもオススメです。

 

⇒[10名限定]月利35%の運用実績!FX自動売買ツールの無料モニターを再募集します!

 

何か質問などがありましたら、

LINE@にご連絡頂ければ、返答致します。

f:id:ketchupsino:20190207225015p:plain

ご覧いただきありがとうございました。