元会社員だった僕の脱サラ人生激変プロジェクト〜HaraWara blog~

会社員だった僕が脱サラをして、人生を変えるための奮闘ブログです。

脱サラして自営業になると失業保険はもらえない!もらえる場合ともらえない場合。

f:id:ketchupsino:20181211171418p:plain

 

失業保険とは、失業中の生活を保障するために

受けることのできるもので、

一年以上勤務している場合は(半年以上の場合あり)

受けることのできる保険です。

 

この失業保険は、就職活動をしていること

が受給の条件なので、

自営業になることをすでに決めている

場合は受けられない場合があります。

 

でも、方法によっては、自営業に

なっても、失業保険を受け取れる場合も。

 

これはやり方・考え方次第です。

 

ここでは、脱サラして、自営業になっても

失業保険がもらえる場合について

紹介したいと思います。

 

 

脱サラして自営業になっても、失業保険をもらう方法

 

脱サラして失業保険をもらう前には

まず、誰にも自営業になることは

言わないでおきましょう。

 

失業保険とは、

「就職活動をする」ということが

前提です。

 

なので、とりあえず、就職活動をする意志を

出さなければいけません。

 

まず、脱サラしたとします。

 

会社を辞めて数週間後、

「離職票」が届きます。

 

離職票を持って、近くのハローワークに

いき、手続きをします。

 

そして手続きをするのですが、

自営業をしようと思う!と言ったら

受給資格はないと判断されてしまいます。

 

「自営業をするか、就職するか迷っている」

というようにしておきましょう。

 

そしてそのまま初回の集まる日を待ちます。

 

ここで何かしらの仕事をしてしまうと

受給資格はなくなるので

注意しましょう。

 

初回の集まりに行き、

次の認定日まで、定められた活動を

します。

 

通常、2回の就職活動をしなければいけません。

 

もし、ここで、自営業をする!!

と決めていれば、開業届を出しましょう。

 

開業届を出したら、今度はハローワークに

行きます。

 

ここで、就職活動をすることを考えたが、

やっぱり自営業として頑張ってみる!

ということを伝えましょう。

 

開業届の控えを持って行くといいです。

 

 

そうすると、今度は、再就職手当の

手続きができます。

 

再就職手当は、通常、就職期間中に

就職ができた時に、失業保険の代わりに

もらえる手当です。

 

これは、自営業として始めても、

きちんと失業保険の手続きを

していれば、もらうことができます。

 

 

でももし、最初から自営業になることを

決めていた、ということがわかってしまうと

不正受給となることがあります。

 

なので、ここは注意が必要です。

 

自営業になることを決意した時点で

失業保険の受給資格はない、と判断されます。

 

これは考え方次第なので、

うまくやる方法を自分の中で一度整理してから

手続きをすることをおすすめします。

 

なんだかややこしいように感じて

しまうかもしれません。

 

でも、自営業をしていると

本当にややこしいことは

たくさんあります。

 

特に、確定申告などもとても面倒です。

 

自分でうまくやって行くためにも

しっかりと調べて、どんな方法が

あるのか?

 

それを踏まえて、自分で問い合わせを

して、いい方法を考えてみましょう。

 

脱サラして、自営業になることは

簡単ですが、続けて行くのには

大変なことも多いです。

 

僕も大変だ!と感じることはたくさんありますが

それ以上に楽しいこともたくさんあります。

 

自分で稼ぐ力を身につければ

お金稼ぎをすることは本当に

楽しいです。

 

自分の頑張りが、収入に直結します。

 

すぐに諦めてしまう人が多く

稼げない人もたくさんいるので、

しっかりと頑張れば稼げるものだと

僕は感じています。

 

せっかく脱サラするのであれば、

自営業として成功し、楽しい生活を

送ってほしいです。

 

きついこともたくさんあるかもしれませんが

頑張って乗り越えましょう!

 

⇒[10名限定]月利35%の運用実績!FX自動売買ツールの無料モニターを再募集します!

 

何か質問などがありましたら、

LINE@にご連絡頂ければ、返答致します。

f:id:ketchupsino:20190207225015p:plain

ご覧いただきありがとうございました。