元会社員だった僕の脱サラ人生激変プロジェクト〜HaraWara blog~

会社員だった僕が脱サラをして、人生を変えるための奮闘ブログです。

バイナリーオプションのトレードでも重要?おすすめの酒田五法とは?

f:id:ketchupsino:20181118113756p:plain

世界にはたくさんのトレーダー達が
います。その世界中のトレーダー達が
意識して使用している手法を今日は紹介
したいと思います。

【酒田五法】という言葉は、聞いたこと
がありますか?
酒田五法は、江戸時代にローソク足を考
えた人が作った手法と言われています!


これは世界中のトレーダーが、テクニカル
分析をする上で意識して使っている手法の
ようですので、チャートを見ていると、
『このろうそく足の形を見たことがある』
ということがたくさんあります。
もちろん世界中のトレーダーが意識している
ので、ろうそく足も機能しやすくなっています。


まず最初に、酒田五法には、5つの
チャートパターンがあります。
このパターンはチャートを見ていく上で
よく出てくる形ですのでしっかりと、
覚えておきましょう!


よくみる酒田五法の5つのパターン
1、三山(さんざん)
2、三川(さんせん)
3、三空(さんくう)
4、三兵(さんぺい)
5、三方(さんぽう)

 

三山について

f:id:ketchupsino:20181118114115p:plain

 

この『三山』は、上昇トレンド相場の
時によく出現する形で、天井付近で3回
山を作っている状態のことを示します。
3回山を作り、天井をたたいた後に、
そこを基準に、下落トレンド相場に向かっ
てチャートが動いていくだろうと判断できます。

英語では【ヘッドアンドショルダー】とも
呼ばれています。
英語で書くとあまりしっくりこなくて、
イメージしづらいので、僕は三山の方が
覚えやすいです!

最もよく出る形は、3つの山のうち、
真ん中の山が一番高い形でそれを、
『三尊天井』と呼びます。

また、三山とは逆に『逆三山』もあります。
それは、下落トレンド終了時によくでる
形で、三山とは逆の形をしています。
逆向きの3つの山が並んでいることを
示します。
この形が出たときは、『もうそろそろ底
かな?』と考えて意識してこの形が出るのを
見てみてください!
もちろん、この後は上昇トレンドに向かって
いきますので、底辺を底としてそこから
上にろうそく足が向かっていく確率が高く
なっていきます。

 

 三川について

f:id:ketchupsino:20181118115404p:plain

 

この『三川』とは、3本のローソク足単体でみた
時に使う手法です。
トレンド相場、レンジ相場などの転換点を表す、
シグナルを確認するのが『三川』です。


ここでは、2つを例に書いてみます。
『宵の明星』とは、(下降トレンドに向かって
いくことを表している。)
上昇トレンド中で陽線が出ているとき、
コマや十字線が現れ、その後下に離れて始まる
陰線が出ます。
この場合は、下落トレンドの力が強くなると
いわれています。

『明けの明星』とは、(上昇トレンドに向かって
行くことを表しています。)
下降トレンドで陰線が出現した後に、
「窓」を空けて十字線が現れ陽線となる
パターンです。
このろうそく足が出たときは、その後上昇に
転換することが期待できます。

このように、『三川』は見ていきましょう!

 

三空について

f:id:ketchupsino:20181118120338p:plain

 

『三空』は、上昇相場や下降相場で、
※窓、または陰線が続いて出てきたとき
の状態をいいます。
隣り合わせるローソク足が前のローソク足と
かぶらずに窓を3つ空けて上昇(又は下落)
していくチャートの形の事です。
ろうそく足が3本連続で、少し間をあけて
すすむことを表しています!
窓というのは、この少しの間のことをいいます。


窓を空けたろうそく足が3回連続で出てき形を
「三空叩き込み」と言って、この後に、
ろうそく足は上昇していくといわれています。
上昇している時に、窓が3回続けて出てきた形が
「三空踏み上げ」と言い、この後下降していくと
言われています。

 

三兵について

f:id:ketchupsino:20181118121317p:plain

陽線のローソク足が3本続けて、
前のローソク足の高値を上回った時の
形をを『赤三兵』といいます。
これは初動段階の時点では買いシグナル。、
大きな上昇トレンドの前兆と言われています。
逆に、陰線のローソク足が3本続く場合を
『黒三兵』といいます。これは赤三兵とは逆に
下降トレンドへの転換シグナルと言われています。

 

三法について

f:id:ketchupsino:20181118122424p:plain

 

酒田五法の中でも判断が難しいといわれて
いるのが『三法』です。
今まで紹介してきた酒田五法は、
どちらかと言えば、売り買いするときの判断
基準としてタイミングを教えてくれるものでしたが
この『三法』は今はトレードはしない、休んだ方が
いいよ!ということを知らせてくれるサインになっています。

『上げ三法』と呼ばれるものは、
上昇トレンド時で大陽線の後に、小さな3本の陰線を
挟んで、大陽線が出た形のことを言います。

『下げ三法』は、下落局面で大陰線の後に
地井さん3本の陽線を挟んで、大引け坊主の
大陽線が出た形のことを言います。

このどちらも共通して言えるのは、
『休むのも相場のひとつ』で、
この形が出たときは一旦心を落ち着かせ、
見送るのもありと思います。

 

理屈抜きで覚える!

 


以上の5つが『酒田五法』です。
酒田五法は、理屈ではなくローソク足の形で
分析するテクニカル分析です。
暗記やメモして起き、覚えておくことを
おすすめします。
トレードしているときにもこの形はよく
でてくるので、その時にこの手法を思い出して
みてください!